鍋島・大吟醸シリーズ 続々入荷!

鍋島・屏風
11月に入り忘年会の声やお歳暮商戦もスタートした感じだ。お歳暮の品選びも贈る相手によりけりだが、自分のこれからの人生の中で大切なお付き合いをして行かなければならない人、ほどほどで良い人、縁切りをする人色々ある事と思われるが、大切な人にはやはり「心の籠もった逸品」が必要だと思う。そういう人からはそれ以上のメリットが必ずあるからだ。正月に飲んでもらう「鍋島・大吟醸シリーズ」はまさに最高の品である。熟成を終えた鍋島の大吟醸シリーズが少量ながら次々に入荷している。どのアイテムも高貴に漂う香りを持ち、口中での膨らみは群を抜いている。鍋島の社長は「こらからの10年に注目して欲しい」と益々資質の向上を計り「佐賀を代表する日本一の酒」に目標をロックオンしたようだ。有言実行の天才社長はこの先も業界を引っ張るのは間違いない。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment