極稀の逸品!鍋島35

鍋島・屏風
毎日暑い日が続いている今日この頃だが、津軽も今日は35度を超えてきた。35度くらいになるとやはり呼吸する空気が違ってくる。南方の方々は毎日この気温と戦っているから本当に可愛そうに思えてくる。『鍋島』を造る佐賀の富久千代酒造も暑いところだが、有明海に面しているのでいくらか海の風がそよぐので内陸よりはまだましだ。ところで、大部遅れ気味だった大吟醸・山田錦もようやく入荷し、お盆に向け大吟醸もそろい踏みした。大吟醸・山田錦をはじめ、愛山・吉川産山田錦・きたしずく・山田穂・短稈渡船とご贈答用はバッチリだ。中でも純米大吟醸・特A山田錦35%は極稀の逸品で装いも良くお盆には家族・親戚・仲間でリッチにやりたい酒だ。この酒を用意すればおのずと酒肴は決まってくる。飲み温度を15度前後にし、慶太郎の醤油でまずはお造りだ。季節柄鮎の塩焼きもいいし茄子の漬け物もさっぱりする。この酒は酒肴を引き立て、また酒肴は酒を引き立てる。年に一度のお盆くらいはリッチにまた関連人たちと有意義な話で盛り上がりたいものだ。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment