スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀土 柴田杜氏 御来店!

紀土・柴田杜氏
今日は、遙々和歌山から平和酒造の杜氏・柴田さんがお見えになった。柴田杜氏とは4~5年振りの再会で相変わらず物静かで落ち着きのある振る舞いがダンディさを滲ませている。今年の全国新酒鑑評会の話から始まり、蔵内・自社田畑・蔵人・酒の資質と話は募るばかりだ。今年は「雄町サミット」へも出品し結果が楽しみだそうだ。自社田畑も順調で田圃の山田錦、畑の梅と柚子の木の剪定が重労働だそうだ。平和酒造の「紀土」はJALの国際線で使用されてから一気に売れ出してきた。リーズナブルな価格ながら資質はそれ以上のものを持ち合わせている。また、平和酒造では高級路線の「無量山-むりょうざん」にも力を入れていて、特Aの山田錦のみを使い柴田杜氏が厳寒の中精魂込めて醸し上げる。国内はもとより香港や中国の富裕層からも絶大な支持をえている酒だ。発売されて日はまだ浅いがこれからの七二時代を予測しての平和酒造の戦略でもある。平和酒造と取引をさせて頂いてから13年になるが、青森県の特約店として唯一当店だけとしている頑なな経営理念に感謝しつつ初心の誓いを忘れる事無く益々の努力をしていきたいと考えている。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。