朝掘り芋の蔵!杜氏潤平

朝掘り芋
ここは宮崎県飫肥の小玉醸造である。ここの銘柄は「杜氏潤平 潤の醇 朝掘り」がメインとなっている。朝3時から芋を掘り出すその目的は堀りたての新鮮な活きた芋で仕込んでしまうという手法だ。芋を熟成させてから仕込む蔵もあるが、それはそれぞれの考え方と製造技術によって選択が違ってくる。小玉醸造ではとにかく朝堀たての乳液の出る芋だけを使って手早く仕込んで行く。蔵内に立ち込める新鮮な蒸かし芋の香りはおもわず涎が湧き出て来るほど旨そうな香りだ。カメに仕込まれた芋はゆっくりアルコールが精製され蒸留の時を向かえる、フインを改良した小さなステンレス製の蒸留器にもろみが入り蒸留がはじまる。初留で出てくる酒は高貴な香りが立ち深さはそれほどないがフレッシュな甘みと旨味を持った高級アルコールだ。次に出て来るのが杜氏潤平のレギュラー酒である。杜氏潤平はビンテージ焼酎でその年その年の味わいを楽しめる芋焼酎である。黄金千貫とは違った赤芋のとろりとした旨味が堪能できる稀少焼酎だ。この夏ロックでカランカランするのもさっぱりする。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment