頂点を極める!

鍋島・ブラックラベル720ml
現在清酒は個性を追求するに当たり米の改良・新酵母菌の探索・麹菌のブレンドなど各蔵や研究者たちが様々に創意工夫を試みている。製造関係者の苦労は相当なものがあるが、反面清酒の未来が開けてくるのも事実である。また、愛飲者たちはその努力の恩恵に肖る事が出来、今までに無い味わいを堪能できる幸せな時代だ。この「鍋島」も今では日本だけでなく世界に名を轟かせていて特にヨーロッパなどは「ジャパニーズ なべしま」と大人気の酒である。世界の酒の祭典「IWC-インターナショナルワインチャレンジ」(ロンドン開催)に於いて金賞の上のチャンピョンを獲得してからはすべての鍋島商品が品不足となってしまうほどの盛況振りである。今回紹介する「鍋島・ブラックラベル」は天才杜氏と言われる鍋島の飯盛社長が密かに醸成したすべて非公開のシークレット酒だ。私もあの有名な「十四代」の秘蔵酒など各有名蔵の上級酒を飲んでいるが、この「鍋島・ブラックラベル」はそれらの酒を超えた感じがする。そして、現在の醸造技術の最終地点(頂点)を感じた。資質としては落ち着きのあるエレガントさ、舌触りの優れた適塾、威厳のある高尚な味わい、優雅さと質素さで統一された無類の酒である。第一回目は即日完売となってしまったが、希望があれば蔵にお願いして取り寄せしたい。(在庫があれば・・・)


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment