一子相伝の味醂

峯寶
愛知県の碧南市に家族で造る一子相伝の味醂蔵・小笠原味醂がある。とかく味醂は料理に使う調味料という観念が強いが、そのところの歴史をもう少し辿って見て欲しい。その昔味醂は高級な嗜好飲料だった。階級の高い人々はこの味醂を現在の高級酒やデザート酒のように嗜み心の癒しと楽しみを味わったのである。現代人よりも味醂をこよなく愛し楽しんだのは間違いない。ところでここの味醂はスーパーに売っているような味醂風味の味醂ではない。最高級シロップを想わせる正に料理の食前酒のようにロックで楽しむ味醂だ!写真でも分かるように「一子相伝」は透明瓶に詰められているが見ての通りの色をしている。長期熟成による年月が濃い琥珀を造ってくる。まろやかで深い味わいと、上品でとろりとした綺麗な甘味を持った和製シェリーと言っても過言ではない。また、水色のラベルの「峯寶-みねたから」は料理には不可欠の味醂だ。この味醂に出会って味醂の力といかに料理に対して味醂の力が大きいかを知らされた。これを使った人たちは他の味醂はもう使えないという。出来上がった料理の味がとにかく違う、うなタレなども絶対的違いを見せてくるのである。本物との出会いを是非この機会に体験して欲しい。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment