スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀少!古城梅酒

古城梅
清酒の仕込みが終わり、田植えが終わると梅の収穫時期だ。梅の品種や個性も多種多彩にある日本は梅の宝庫だ。蔵元はそれぞれの脳裏に描いた味わいを求めるため品種にこだわる。また、製法では完熟梅を漬け込むもの、青梅を漬け込むもの、そしてベースになるアルコールと限りなく個性は広がっていく。中でも有名なのが「南高梅」だ粒が大きく梅干しなどにも一番多く使用されている。今でこそ南高梅が主流だが、以前は写真にある「古城梅-ごじろうめ」が主だった。古城梅は粒もあまり大きくなく、南高梅に比べふくよかさにも欠け収量も少なく農家はこぞって古城梅を伐採し南高梅に植え替えた。今では古城梅は少なく稀少な梅となってしまった。古城梅で仕込まれた梅酒は個性に富む、古城青梅の持つ青みの効いたほのかに草の香りが新鮮で心地良く香り、口中ではスパイシーな酸味が広がり他の梅酒とは一線を画す梅酒である。とかく似たような仕上がりを示す梅酒だがこの「八岐の梅酒 古城梅」は個性に富み通好みの梅酒である。                    1.8L 2400円   720ml 1300円 (税込み)
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。