薩摩の稀少芋焼酎・さつま寿

薩摩の稀少芋焼酎・さつま寿

鹿児島空港から高速道路を南へ走る、そしてやまなみ街道に入り途中すばらしい杉並木を見ながら川辺町に入って行く。川辺は田園に囲まれた「仏壇と杉」の町だ。町のあちらこちらで人々は仏壇に関わった仕事をしている。建具を作る工場、金箔を貼る職人、漆塗り職人など多数の工程を経て仏壇が完成されて全国へと売り出されて行く。そんな町内に本格芋焼酎を造り上げる蔵「尾込商店」がある。尾込商店の銘柄は『さつま寿・神座・旬・...
極稀の逸品!鍋島35

極稀の逸品!鍋島35

毎日暑い日が続いている今日この頃だが、津軽も今日は35度を超えてきた。35度くらいになるとやはり呼吸する空気が違ってくる。南方の方々は毎日この気温と戦っているから本当に可愛そうに思えてくる。『鍋島』を造る佐賀の富久千代酒造も暑いところだが、有明海に面しているのでいくらか海の風がそよぐので内陸よりはまだましだ。ところで、大部遅れ気味だった大吟醸・山田錦もようやく入荷し、お盆に向け大吟醸もそろい踏みし...
M y テイスティンググラス

M y テイスティンググラス

私どもは他の小売店に比べて何十倍ものテイスティングを行う。清酒をはじめ、焼酎・ワイン・和リキュールと県内酒店の中でも特にアイテムの多い当店は仕事柄必須になってくる。また、蔵からの新商品の意見も求められる事が多く、それに使う器具は大切な道具になる。以前は清酒は蛇の目、ワインはワイングラス、和リキュールは梅酒用グラスを使用していたが、写真にあるテイスティンググラスが酒に熱も伝えず一番正確なテイスティン...
球磨焼酎!豊永蔵

球磨焼酎!豊永蔵

球磨(熊本)地方・湯前町にオーガニック・米焼酎蔵『豊永酒造』がある。米焼酎といえば第一に名前が出てくるのがこの蔵だ。湯前町へ行くには熊本空港よりも鹿児島空港の方が近く九州道を利用するとまたすこぶる便利だ。九州道から県道に入り球磨川沿いを上流へ登って行く。田園が広がり盆地の為か朝霧が濃く視界も悪いが空気はとても旨いところだ。豊永酒造は米焼酎では代表格でNHKなどの番組でも数多く取り上げられている自我...
青森の土産に

青森の土産に

御中元真っ盛りの近頃だが、皆さんは何を贈るのだろうか?相手先にもよりけりだがお酒の好きな方、そして県外の方となればやはり青森の地酒が喜ばれることは間違いない。贈り物にしても形だけの物もあるが心の籠もったものでなければ本当の意味は無い。形だけの贈り物はやはり相互の関係が希薄である。相手を大切に想う心こそ大事で重要な要素であり、困ったときには力になってくれるはずだ。当店の商品は県内では当店でしか買うこ...
世界に通用するワイン!

世界に通用するワイン!

山梨県は日本のワインのメッカだ。この山梨の一宮町に屈指のワイン蔵・ルミエールの蔵がある。ルミエールは塚本俊彦が現在の基盤を作り上げた。フランスの名だたるシャトーとも深い親交があり、杜氏でありバイヤーでもあり、また東洋でたった一人の国際ワイン審査員も努め、国内に至っては皇室御用達や各宮様にワインの指導もされた人物だ。私もワインはこの塚本俊彦に教わって育てられてきた。塚本から一番最初に頂いたワインはコ...
『文の佳人』を嗜む!

『文の佳人』を嗜む!

高知県の香美市に株式会社アリサワという酒蔵がある。創業は明治10年で現在は若き5代目・有澤浩輔が伝統の味に一層磨きをかけ納得のいく酒造りに精進している。この蔵の銘柄は「文佳人-ぶんかじん」というあたかも学者的ネーミングである。「文佳人」つまり、「文の佳人」、手紙・文・詩歌・広くは学問に秀で、教養にあふれた美人であるという意味合いから名付けられた。若き社長は斬新な感性の造りに定評があり、近年は全国新...
紀土 柴田杜氏 御来店!

紀土 柴田杜氏 御来店!

今日は、遙々和歌山から平和酒造の杜氏・柴田さんがお見えになった。柴田杜氏とは4~5年振りの再会で相変わらず物静かで落ち着きのある振る舞いがダンディさを滲ませている。今年の全国新酒鑑評会の話から始まり、蔵内・自社田畑・蔵人・酒の資質と話は募るばかりだ。今年は「雄町サミット」へも出品し結果が楽しみだそうだ。自社田畑も順調で田圃の山田錦、畑の梅と柚子の木の剪定が重労働だそうだ。平和酒造の「紀土」はJAL...
元祖・幻の焼酎 伊佐美

元祖・幻の焼酎 伊佐美

芋焼酎ファンでは知らない者はいないという「伊佐美-いさみ」。元祖・幻の焼酎としての先駆者だ!鹿児島の伊佐地方・大口市に昔は蔵があったが、現在は事務所で製造場所は車で10分くらいの郊外にある。私が34年前初めて芋焼酎を口にしたのが、この「伊佐美」だった。今までに口にしたことのない香りとまろやかでこなれた味わいはすぐに芋焼酎の虜となって行った。伊佐美は買おうと思っても当時は売っている店もなく、まして「...
屋外吟醸酒用冷蔵庫を設置

屋外吟醸酒用冷蔵庫を設置

連日暑い日が続いているが、やはり暑い時期には暑く、寒い時期には寒くなければ商品の動きは鈍ってしまう。この時期はこれくらいが丁度良い。そして、この暑さには程良く冷えた吟醸酒が旨い!当店では品質管理強化の為、屋外吟醸酒用プレハブ冷蔵庫をさらに一機用意した。特殊壁層で外がいくら暑くても庫内は2度前後に保たれている。また、屋根にはH鋼を組み雪が数トン積もってもびくともしない、そして地震対策も万全を喫した。...